ホーム > お知らせ > 研修施設コメント:東京西徳洲会病院

お知らせ

研修施設コメント:東京西徳洲会病院

2021.06.29更新情報

東京西徳洲会病院 心臓血管外科 嶋田直洋部長よりコメントを頂きました。

 

2020年6月から日本大学心臓血管外科学講座の関連病院として診療を開始しました。1年間で90例の心臓手術を担当しました。当院の特徴は以下のとおりです。

1.断らない医療を実践する病院であり、救急症例が多く、31/90例(34%)となっています。大動脈解離等の緊急症例を数多く経験できます。

2.診療看護師、認定看護師、医師作業補助者が院内に多数在籍しており、外科医は診療に集中しやすい環境があります。

3.業務を効率的に分担し、最小の業務時間で最大の業務効果がでるように工夫しています。

4.少人数(2021年6月時点、3人チーム)であり、手技を担当する機会は多いです。

 

教育に関しては、卒後年数に関係なく、可能な範囲で執刀を担当してもらうようにしています。上級医が指導的助手として手術に参加して質を担保した上で、修練医が出来る手技を一つずつ増やしてもらい成長を実感してもらいます。修練医が執刀を担当し、術後管理を責任もってやってもらい、結果として患者さんがより早く回復することを目指しています。

 

私は海外のLarge Volume Centerで臨床留学を行いましたが、外科医は手術のみに集中するシステムができており、短期間で非常に多くの症例を担当して飛躍的に技術を向上することができました。同じような効率的な教育システムを構築していきます。

 

東京西徳洲会病院

https://www.tokyonishi-hp.or.jp/

 

その他の研修施設コメントはこちら:

https://www.nu-cvs.jp/about/hospital.php

PAGE TOP